英単語 記憶する

脳が勝手に記憶してくれる英単語の覚え方

英語の勉強を進める場合というのは、まずは英単語を覚えなければ、先に進むことができませんよね。
逆に英単語さえ覚えていれば、文章を読んでいて完全に理解できなくても知っている単語から大体の内容は想像できます。

 

しかし、その肝心な英単語をなかなか覚えることができず、「自分は記憶力がない」と落ち込んでしまう方も少なくありません。

 

なかなか覚えられない原因は、必ずしも「記憶力がない」ということではありません。
「効率の悪い覚え方をしている」ということが原因となっている可能性もあります。

 

 

1個ずつ覚えたほうが効率が良いと思われがちなのですが、実はこの覚え方は効率が悪い覚え方です。
エビングハウスの忘却曲線によると、人間の記憶というのは、20分後には約4割も失われることがわかっています。

 

例えば、1個あたり5〜6分の所要時間で10個覚えなければならないといった場合に、1個ずつ覚えようと頑張っていると、10個目を覚えようとする頃には、残念ながら3〜4個目くらいまでは忘れてしまっていることになります。

 

 

では、どのような覚え方をすれば、効率良く覚えることができるのかというと、理解できた・できない関係なしに、「スピード重視で英単語に目を通すこと」です。

 

そして、何度も繰り返し復習するようにしましょう。
このようにすることで、同じ情報が何度も脳に入ってくるので、
脳が勝手に「必要な情報だ」ということで、覚えた英単語を忘れにくくすることができます。

 

 

また、英単語を覚える時は、「意味を調べて終わり」では少々不充分です。
意味と一緒に対義語や類義語といった、関連する情報も一緒に覚えるようにすると記憶に残りやすいので、対義語や類義語も一緒に覚えるようにしましょう。

 

あなたにピッタリの記憶法は?

人気の記憶術教材を売れ筋ランキング形式でまとめました!

あなたの目的によって選ぶべき教材は違ってきます。
  • 司法試験や大学受験などの難関試験対策
  • 記述式の論文試験のための勉強法
  • 勉強のやり方がそもそも分からない
  • 長い文章を覚えたい
  • 短期間に多くの情報を覚えたい
  • 物覚えが悪いのを良くしたい
などなど、自分の目的をしっかりと意識して
最適な教材を選んでみてはいかがでしょうか。

試験に受かるユダヤ式記憶術
ユダヤ式記憶術 難関大学や難関な司法試験の合格を目的としている方におすすめの記憶術教材です。

この教材の著者は実際に東大法学部合格し、合格率10%以下の難関試験に次々と合格した実績があり、さらにフランス語、ドイツ語、中国語など41カ国語を習得されています。
短期記憶ではなく、一度覚えたことは長期間忘れない記憶法で、膨大な量の知識を暗記したい方、何度描いて覚えようとしても翌日にはサッパリ忘れている方におすすめの教材です。

>>詳しくはこちらをクリック  
おすすめの方 出版社 評価
司法試験などの難関国家資格や東大クラスの難関大学を受験される方 東京教育出版
論文式試験専用記憶術
論文式試験専用の記憶術 法律などの専門用語だらけの難解な長文を覚えなければいけない方におすすめの記憶術勉強法の教材です。

税理士試験、公認会計士試験、司法試験、不動産鑑定士試験、弁理士試験などの論文式試験に特化した教材です。難解な文章をたった数分で丸暗記できてしまう特殊な方法です。

>>詳しくはこちらをクリック  
おすすめの方 出版社 評価
論文式難関試験の合格を目指している方 さくら電子出版
勉強の説明書【合格保証つき】2時間で正しい勉強法を身につける
最短で合格するための「勉強の手順」と「暗記のコツ」をマニュアル化した教材。
この勉強法を実践して合格しなければ教材代金を全額返金するという【合格保証付き】はこれまでになく、教育業界のタブーに挑戦していると言えます。「すべての方に合格を保証し、合格しなければ返金します」…これはありえないほど強気発言にはそれだけ自信がある証拠と言えます。

>>詳しくはこちらをクリック  
おすすめの方 出版社 評価
ムダな時間をなくして効率よく勉強したい方 勉強法研究会

【4位】記憶術  新・原口式記憶術

円周率10万桁を記憶し、世界一の記憶保持者としてマスコミに取り上げられる実績を持つ方の記憶術教材です。「ノートに書き写さなくても話を聞くだけですぐに記憶できる」、「初めて聞いた公式や単語を5秒で記憶することができる」などの短期記憶に特化した教材です。
>>詳細ページ

【5位】川村明宏のジニアス記憶術

ニンテンドー3DSの脳トレゲーム「右脳で鍛える」で有名な川村明宏さんが監修した記憶術です。内容は1日7分の簡単なゲームで今までの記憶力を数十倍以上のものにするというコンセプトです。
>>詳細ページ